このブログは快快 / FAIFAIメンバーが週1ペースでお送りしてます。

2017年11月15日水曜日

HPリニューアルしました

藤谷です。
FAIFAIのホームページをリニューアルしました。
http://www.faifai.tv
みやすくてわかりやすくてアーバンさありますね。
なんかFAIFAIロゴともあってていけてるとおもっています。
(私はFAIFAIのロゴは本当にかっこいいとおもっています)
今回のwebデザインは石黒宇宙くんにお願いしました。
宇宙くんありがとう。


徐々にアップデートされてゆきますので今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。
先日、PC整理のため過去写真を見たら、「SHIBAHAMA」EUツアーの際や、結婚式として家を燃やした時に撮影したエクストリーム記念写真ばかりが発掘されたのでそれもそのうちに。






先週(11/12)はフェスティバルトーキョークロージングイベントとしてFAIFAI「GORILLA〜人間とは何か〜」を池袋西口公演で上演しました。

(twitterの動画拝借します)

 

  



ドラマーの久下恵生さんと山崎の約40分の1on1でした。
2人ともまじでかっこ良かったです。
音楽とゴリラで反応しあう人間のエネルギーは喜びでした。


観客である来てくれた方、通りすがりの方々が屋外の、池袋西口公園にもかかわらず集中して観てくれていたうえに、最後に年配男性から「やった!」という歓声があがるなどし、というか「やった!」という歓声があるのか最高などと思ったり、
年配女性がバナナを房で渡してくれていたり(どちらもフィギュアスケートにおけるとんでくる花束やスポーツにおける声援と同義語であると解釈)、
池袋西口公園といういつもより広めの人間界で、
(わざわざ観に来てくれた人だけではない)界隈の、しかも日本のけっこうな先輩方がこんなにも直接的なリアクションをくださるなんてすごくないかなど、
私はメンバーでありながらいろんな点において揺さぶられたのでした。

観てくださった皆さまありがとうございました。





その前日(11/10,11)まで私はフェスティバルトーキョーの別プログラムで中国のアーティストの、チェン・ティエンジュオ「忉利天(とうりてん)」のサポートとして参加していました。


Photo: Jun Ishikawa


わたしは衣裳のサポートでしたが、布は少なめでした。
布のかわりに、ラインストーン多めのかっこいいマスクや股間をかくすアイテムや笠などが重要な、そして完全にいい仕事をしていました。


ほぼ裸なのに、身につけた時の身体の強さ、この演目をやるから物理的にここにいるという存在の強さを、SMアイテムという道具であることがそれを抜群にひきだしており、感動した私はここでも、ああわたしはなんと小さきものか、ほんとうにまるでなにもわかっちゃいない、ああもうばかばかと揺さぶられていたのでした。



私が、SMアイテム=道具だとしかおもっていなかったマスクや貞操帯は、ここでは決定的に衣裳としてかっこいいものであり、かつ人物相関図的にキャラクターを観客に深めさせる(私は一方的に想像を深めオイルも聖杯も、聖水も本番中にしてはないけど超納得した)重要アイテムでした。





演出、美術、衣裳も担当するチェン・ティエンジュオはファッションデザイナーとしてasiandopeboysというブランドもチームでやってます。

そして映像作品も。


これはインタビュー








その同じ週末(11/8〜12)、STスポット30周年のダンスショウケースで岡田智代さんの衣裳を担当させて頂きました。

2015年のFAIFAI「再生」にも代打として降臨してくれたダンサーです。
智代さんの作品はこれまでこういう感じでこっからばーんって感じでやってくからよろしく、みたいな感じで意思の強い短い所信表明みたいでした。

智代さんとていたさん


出演者のひとりだった岩渕貞太さんの作品が興味深かったです。
美しい貞太さんが途中、豚の丸焼きにしかみえなくて、そこで命絶えた後涅槃になるという、振付として命をみせつけてくるなと思いました。
以前、中林舞&白神ももこの作品でも貞太さんはラストの命が絶えるところを振付けしていたのですが、その振り移しの際の貞太さんの命の輝きが素晴らしくて、笑いすぎて涙したのを覚えています。そのときも振付けでした。

山崎はいつも死ぬほど生き生きすることで、命をみせつけてきます。

何が違うのかなと数人にきいてみたら「再生」のはなしになって、
演劇ver.では物理的に同じでいられない体をみる、ダンスver.では文字通り再生しきる、みたいな違いじゃないかという話を聞いてそうなのか、とおもってダンスver.みてみたいし、この間のデスロックの「再生」もみたかったなーって思いました。



いつ読んでもいいな、とおもうよんちゃんが書いたFAIFAI「再生」のテキストがこれです。
http://live.faifai.tv/works/rebirth/




なんでこんなにまじめに感想を書けるのかと思ったら、この週末は観客として(スタッフだけど自分の衣裳プランではないので)立て続けに観劇できたからでした。
学びの多い週末でした。









はいそして
その1週間前の週末(11/5)の週末に何をしていたかというと
和田永君主催の「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」に参加していました。
和田君が楽しそうだししあわせそうだし、実際空間も機材もかっこよかったです。
FAIFAIは盆踊り担当だったのですが、曲がよくて、踊りの喜びを一層煽るものでした。
お客さんの踊りへの欲求は思いのほか高く、もっともっと繰り返しを!
よんちゃんの「再生」テキストを引用するならば、そこへ来ていた人間たちはまさに盆踊りの狂乱で命を解放し瑞々しい人間に再生して東京タワーを去る、というようなものでした。



私たちの大好きな桑原史香にも参加して頂きました。
(facebook動画拝借します)








その前にはなにをしてたかというと
10/14、15までKYOTO EXPERIMENTのオープニングプログラムとして、
金氏徹平「tower(theatre)」に参加していました。
https://kyoto-ex.jp/2017/features/other/2017/09/29/teppei-kaneuji_tower/



photo :YusukeNisimitsu


青栁いずみ、オオルタイチさんやcontact gonzoの皆様などなど出演者が全員大好きなスターばかりの作品の衣裳を担当させて頂き、学びが多すぎる精進するのみですそして感謝しますというようなことを毎日実感していました。
全員のことを尊敬しすぎて愛しすぎて、いまおもうと自分がちょっと気持ち悪かったと反省するほどです。

 contact gonzoと和田晋侍さんと西光祐輔さん









さいごにこれは最近(11/13)
秋に色々を学びすぎて、わたしはまだまだとゆってるのにもう冬じゃないはやくない?という時期に、わたしができたことは友達のためにつくったものをプレゼントするでした。


ときどき、ブランドとかやらないんですかときかれますが、そしてきかれてなんかうれしいと思うのですが、ファッションの喜びとかその間口の広さとかに羨望と憧れが ありすぎる上に衣裳のこともまだまだわかっていない未熟なわたしにはブランドを立ち上げるなど到底無理なのです、もちろん共通することはたくさんあるはずなのですが。
けど、特定の状況がみえるひとのために必要なふさわしいものをつくることができるので、わたしの仕事はだいたいそういうことでもあるので、個人的な贈り物とかドレスや私服の注文はくれば受けてます。
あげたくなったらその人のためにつくってプレゼントすることもあります。
写真はそのひとつで、ベルリンにもどるヘアメイクの坂入さんにつくったものです。
こういうの、必要な人は連絡ください。値段はまだ決めてません。













まだあった、これから
12/1から始まるチェルフィッチュ「3月の5日間」リクリエーションに衣裳として参加します。初演はほぼ15年前で、演じるのは24歳以下の俳優たちでリハ中の演劇における発見が多くて、作品をつくるためにやるべきことを捕まえるのに岡田さん含めた全員が割と必死です。
どうぞ宜しくお願いいたします。






2017年11月9日木曜日

七五三、ゴリラ、引っ越した

あやみです。
そろそろ七五三ですね。私は七五三の時期いつも思い出すのは七草祝いのこと。
というか、それが七五三だったと思って調べたら七草祝いだったってことですが。。
これは鹿児島独特の習わしだそうですが、7歳になった子供が七草がゆを七軒の家からちょっとづつもらってそれを食べるっていう祭りです。
お椀を持って着物着て、親戚や親がお世話になっている家に挨拶をしながら七草がゆをちょっとづつお椀に入れてもらって、7軒分のおかゆが集まったら家に帰ってそれを食べるっていう行事です。
お椀に入った七草がゆを食べたいのを我慢して車に揺られておかゆも揺れている様子を今でもはっきり覚えてます。
なかなかディープな習わしですが、結構面白かったなあ。カレーとか、味噌汁とか、ポテトサラダとかでも応用できそうだな。
さてさて、今週末12日の13時じゃらは池袋の西口公園でFAIFAIのGORILLA
http://faifai.tv/news/faifai/3108/
があります。
ドラムに久下恵生さんが出てくれます。
昨日稽古ありましたが、かっこいいです。
久下さんの昔のライブの映像を見せてもらったら、床に貼ってあるテープを剥がしてまた貼ったり、ハンコを押してリズムを作ったり、お客さんの手を叩いて見たり、、空間に潜んでいるリズムのコソ泥みたいで(褒め言葉)おんもしろい!&かっこいい
楽しみですね〜
そんで最近私は引っ越しました。
10年ぶりの一人暮らしは恐ろしいです。
引っ越した日の夜は歯間ブラシの形が恐ろしすぎて手が震えました。

2017年10月28日土曜日

こないだVeneziaに行きました・りの

ども~ブログ当番が数日ほど前だったんですが風邪ひいて寝込んでしまい遅れました!妊娠中以来の風邪でした、熱がちょっとあがっただけで風邪ってこんなにつらかったっけ?苦しい、、ってなって、もう出産を乗り越えたらこわいものつらいことなんかなくなるんじゃないか?!とか思ってたけど全然そんなことないことがわかりました!うちの朝ちゃんはもうすぐ生後6ヶ月になろうとしていて体重も7キロ近くなってきてちょっと大きめ(両親ふたりとも小さいのになぜ)ものすごい元気です。こないだの週末に朝ちゃんを連れて初めて一緒に1泊の旅行でVeneziaに電車で行きました(うちから電車で3時間弱)





近い将来日本に行ったり(フライト約14時間)もしかしたら公演のツアーとかに連れて行く可能性もあるし練習しなければ(赤ちゃんにも私たちにも)と思って決行したのですが超疲れました(そして風邪ひいたのかも)でもぶっちゃけ朝ちゃんは電車でも眠り到着後のホテルでも上機嫌で夜もまぁよく寝て、街をうろうろしている間も抱っこ紐のなかで眠ったりしてくれてとてもえらかったのですが、もともといろいろ決められない性格のエウジー(夫)と朝の初めての電車やホテルやそもそも旅行にナーバスになりすぎ肝心のVeneziaのこと全然下調べしてなかったわたしが週末の観光客でごったがえしたVeneziaでこのあとどうする?え、どうしよう、、、とりあえずここ行ってみよう!え、閉まってる、、え、満員、、、なにこの人ごみ今パニックが起きたら多分死、、、?!みたいなことの繰り返しで7キロの朝を抱えてぐったりしてしまったって感じでした・赤ちゃんが来たらまさかわたしの長風呂も短くなるのか?とか寝坊助のわたしが夜中の授乳起きれるのか?とか思ってたけど風呂は短くなり授乳もぜんぜんできるようになったけど、これからはいつもいきあたりばったりだった旅行もちょっとは計画立てないとダメらしいということがわかりました(でもおいしいレストランだけは地元の友達にきいておいた)でも帰りの電車のなかでエウジーが
「でもVeneziaは世界一(かはわからないけど)うろうろするのが難しい街だから、もうVeneziaを経験したからあとはなんでも大丈夫だよ」
みたいなこと言っててえそっか、ていうかどうしてそんな難しい街提案した?!(エウジーがVenezia行きたいと言い出した)となったけど果たしてそうだろうか?もっとやっばい街いっぱいあるよきっとでもVeneziaいろいろやばいけど、と思った。ところでVeneziaはぶっちゃけ汚い街だな(不潔という意味)と思うんだけど、夜暗くなるとその不潔な部分が全部おおいかくされてまじで幻想的としか言えなくなる・夜のVeneziaの路地を迷いつつ散歩するはだいすき(この街では人もGPSもみんな迷う)帰ってきたらどうしてあんな街ができたのか俄然興味がわいて調べてみたら、その昔海に浮かぶ湿地帯の泥の奥深くまで木の杭を打ちまくって(1㎡につき9本とか打ちまくって)その上に石で地盤をつくって建物を建てた人工の島の上にできた街らしい(海抜0メートル)だから季節によってVeneziaの街は水浸しになっちゃうって知ってましたか?ほんとなんだよたしか冬とか秋とか?ていうかそんな島にあんなに人が乗ってだいじょうぶなんだろうか、、、いつか地球温暖化でVeneziaはまっさきに海に沈むと言われているけどそれはほんとなんじゃないかなと思う。あとVeneziaは車の進入が禁止されてて自転車すら禁止らしい、エウジーたちはVeneziaで公演する時どうやってセットや機材を運び入れるか?というとやはり全部ボートでやる、ボートが車代わり。街を歩いていると運河に面したびっくりするくらい豪華なおうちがあってVeneziaの金持ちは筋金入りだなと思う、でもということはVeneziaの泥棒は運河から侵入するんだろうか、、、?警察も消防車もボートをつかって運河を移動するらしいから多分泥棒も、、、?帰ってきたらいろいろ謎がでてきてどうしてもまた行きたくなってしまったからまた朝と行こうと思います・観光地すぎて場所によってはイタリアの観光産業の闇を見るような気持ちにもなるけど夜はそういうところも隠れて幻想的。次に行った時は絶対おいしいVeneziaの具がいっぱいはいったサンドウィッチを食べる!(今回はことごとく満員だったり閉まってたりした)

ここがよく水浸しになるPiazza San Marco


Venezia biennaleもぎりいけたのですが、各国のパビリオンがあるGiardini(庭って意味)しかまわれずあんまり堪能できなかった涙でもこの各国のパビリオンが1930年代とかもっと後もあると思うけど昔からここにあって毎年それぞれの場所で展示がされてるってことに最終的に気づいてそれがすごいと思った(気づくの遅いしイタリア在住だがbiennale artに来れたのはこれが初めて)友達のおすすめのダミアン・ハーストのものすごいお金のかかった超資本主義力100%の展示は行きたかったけど真逆の方向に彷徨っちゃって行けなかった・




とにかくまた行こうと思う!一緒にいきたいひとも募集!りのでした~・






引き続き12月まで「ガーデン・パーティー」での連載「目と手」も書いてます~よろしく!(こないだ快快のみんなとskypeしたら読んでるよ〜と言われてはずかしかった、こーじには読んでるよでももうやめたけど、と言われた)→http://www.mag2.com/m/0001678567.html